美容室と理容室の違いを調べました

一般に、美容室と言えば女性が行くところで、理容室と言うと男性が行くところというイメージを持つ方が多いことでしょう。では、美容室と理容室にはいったいどんな面で違いがあるのでしょうか。
まず、定義にも違いがあります。美容室が、パーマや結髪、また化粧などによって容姿を美しくすることと定義されているのに対して、理容室は、顔そりや頭髪の刈込などによって容姿を整えることと定義されています。つまり、髪の毛を切るというのはもともと理容師が行なっていたことであることが理解できるでしょう。

このような定義の違いに加えて、美容室と理容室には別の違いもあります。それは業務内容の違いです。上述したように、理容室では頭髪のカットのほかに顔そりや髭そりも行なうことができます。それに対して、美容室ではカットやパーマなどの業務は行えますが、顔そりや髭そりの業務を行なうことができないとされています。つまり、カミソリを使えるか使えないかといった違いがあるというわけです。

さらに、業務内容に関して言えば、美容室の場合男性のカットだけを行なうということは法律上禁じられています。もちろん、男性と女性のパーマを行なうことは許可されています。それに対して、理容室の場合はどうでしょうか。理容室の場合は、男性女性のカットを行なうことができます。また男性のパーマもできますが、女性のパーマは禁じられています。こうした業務内容の違いがあるため、どちらに行くべきかを決める際には慎重に考慮する必要があるでしょう。

こうした違いに加えて、そこで働く美容師や理容師の得意分野にも違いがあると言えるでしょう。なぜなら、基本的に言って、美容師試験にはカッティングや、パーマ時にロッドを巻く作業、また髪のセッティングが含まれ、理容師の試験にはカッティングやシェービング、さらには整髪といったものが含まれるからです。このように、得意とする分野が異なる傾向にあると言えるでしょう。