1つの美容室で働いている美容師は平均して何人位?

ここ数年の間で、美容室の数は急激に増えつつあります。現在その数は既にコンビニの4倍以上の数字になっており、徐々に飽和状態を迎えていると言っても過言ではありません。それだけ増えているのであればさぞ各美容室で働く美容師の数も多いのではと思えますが、実は平均換算をすると1店舗で2人から3人程度の人数にしかならないのです。美容室全体の数はおよそ24万、美容師全体の数はおよそ51万人とされていますから、この平均人数にはしっかりとした根拠があることが分かるでしょう。

もちろん美容師という職業自体は、今も昔も人気の高い職業です。ですから毎年着実に美容師の数も増えてはいるのですが、それでも足りないほどに美容室が増えているということになります。またどうしても都市部にある美容室での勤務を希望する新人も多く、一部の地方では美容師不足が叫ばれているところも存在します。こうした背景から、店舗ごとで偏りがある事実も見えてくるわけです。

あるいは美容室の数が増えると、利用客の分散が起こります。これは各店舗の回転率や売上げを減少させる要因となるため、その分何人もの美容師を雇えるほどの余裕はなくなってきてしまいます。求人情報を見れば更にそうした事情は顕著となり、最近では若干名とだけ表記された美容室の求人情報も沢山見るようになりました。若干名とは余程魅力的な人材がいなければ採用しないという意味で使われる言葉でもありますから、事実上採用枠は1つあればいい方ということです。ただ非正規雇用やフリーランスで働く美容師も増えているので、こうした選択肢も含めると美容師の働き口はとても豊富にあることも忘れてはなりません。

仮にこのまま更に美容室が増えれば雇用面でメリットが生まれますが、利用客獲得の競争は激化しやはり分散を避けることはできません。そのためしばらくは、この2人から3人という平均人数に大きな変化は生まれないでしょう。活気や人気のある業界だからこそのジレンマとも言えます。
参考:つくばで美容サロン選ぶなら→http://ミュゼつくば店.net/